So-net無料ブログ作成

JETSON NANOのケースを作りました

Jetson nanoで、ImageNetなどは、USBからの給電で動かすことができたのですが、DarknetのYOLOを動かそうとすると、電源の容量不足で落ちてしまうので、DC 5V 4Aの電源を買いました。
P1070277.JPG
Jetson nanoでは、J25 2.1×5.5×9.5mm センター プラスのDCジャックの電源が使えます。

電源の容量を大きくすると、CPUやGPUからの発熱も多くなるので、冷却ファン付きのケースをアクリル板とアルミアングルを使って作りました。







USBカメラを付けて、YOLOを動かせるようになりました。



1秒間に、15フレーム前後の処理能力があるようです。
yolo_sample.jpg


マウスは、100円ショップのキャンドゥで買ったものです。

光学式マウスが100円で買えるなんて、びっくりです。


nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。